完全オンラインファクタリングの注意すべきデメリットとは?

完全オンラインファクタリングの注意すべきデメリットとは?

メリットの多い完全オンラインファクタリングですが、デメリットもあります。まず、利用の際に全ての必要書類をデータ化しなければならない点です。データ化はスキャンやアプリを利用すれば可能ですが、スマートフォンやパソコンの作業に慣れていないとかなりの重労働となります。また柔軟な対応に欠けることも挙げられます。完全オンラインファクタリングではAIを利用した審査を導入していることが多いのですが、利用者に対応した柔軟な対応はできません。つまり、対面による審査のように利用者の事情を考慮してもらえないのです。さらに、対応可能なファクタリングの種類に限りがあります。完全オンラインファクタリングでは2社間ファクタリングが多く、3社間ファクタリングの取り扱いが少ないので利用しにくいケースも考えられます。他にも、対面よりもファクタリング業者の様子が分かりにくい面があります。こうした不安感も、完全オンラインファクタリングもデメリットであるといえます。

完全オンラインファクタリングの買取可能額について

最近では多くの企業が完全オンラインファクタリングを利用するようになっています。このサービスを利用すれば気軽に多額の売掛金を現金化できますが、各社で買取可能額に違いがあるので注意が必要です。自社の状況に応じて最適なサービスを提供している完全オンラインファクタリングを利用する必要があります。現金化できる金額だけでなく手数料の違いにも注意しなければなりません。一般的にこのサービスは2社間取引と3社間取引に分けることができ、前者の方が手数料が高くなる傾向があります。前者は取引先が関与せず即日での現金化も可能ですが、手数料は売掛債権額の6%から40%が相場とされています。後者は取引先が関与するため現金化までに1週間ほどかかるものの、手数料は売掛債権額の1%から5%ほどです。コストがかかってもよいので素早く現金化したい場合は前者を、時間的な余裕がありなるべくコストを抑えたい場合は後者を選ぶとよいでしょう。各社のウェブサイトを見れば買取可能額や手数料などが表示されており簡単に比較検討できます。

完全オンラインファクタリングの詳細に関する情報サイト
完全オンラインファクタリングの関連情報

このサイトでは会社経営において必要なキャッシュを機動的に用意したいとの希望をお持ちの方にむけて、完全オンラインファクタリングの基礎知識と関連情報に関するコンテンツを色々な角度から御紹介しています。オンライン上で申し込みから審査・振り込みまで完了するのがメリットとして意識され、利用実績が増加してきました。店舗に足を運ぶ必要がないのでお手軽ですが、金利に相当する手数料がいくらなのかは、手にできる現金を左右するだけに注意をしておきたいポイントです。

Search